引っ越しをやめた場合、キャンセル料はかかるの?

もし、なんらかの事情で決まっていた引っ越しの予定を変更しないといけなくなった時、
すでに契約をしている業者には依頼キャンセルの連絡をしないといけません。
その時、いわゆる『キャンセル料』はいくらぐらいになるのでしょうか。

このキャンセル料が気になるという人は意外と多いようです。
では、実際のところ『引越約款』で定められている
「引っ越し業者へのキャンセル料」はこのようになっています。

キャンセルする日 キャンセル料
引っ越し日の前々日まで 無料
引っ越し日の前日 見積運賃の10%
引っ越し当日 見積運賃の20%

引っ越し当日から数えて二日前までなら、
キャンセルしても特に料金は発生しないとなっていますね。
また、前日や当日のドタキャタンでも負担は10〜20%とそこまで高くないような印象です。

業者によって変わるキャンセル料?

『引越約款』で定められている以上、
基本的にどの業者もキャンセル料は一律のはずです。
ですが、実際は業者によって多少の差は出てきます。

例えば、異常に高いキャンセル料を請求してくる悪質な業者というのも、
残念ですが存在するようです。

もちろんこんなお金は払う必要ないので、
もし当たってしまったらキッパリと断りましょう。

また、勘違いしがちですが、キャンセル料というのは
「予定していた引っ越し日の作業」に対して発生するものなので、
引っ越し予定日の延期や変更だけでも、
キャンセル料が発生する条件に該当します。

予定の前倒しに関しては前々日までに申告すれば、
キャンセル料無料なので問題ありませんが、
時間帯を変更するだけでも追加料金が発生する業者は多いので注意が必要です。

よく『キャンセル』と違って『日時変更』はお金が掛からないと思っている人がいますが、
業者の視点的にはどちらも同じカテゴリのものになるわけですね。

※契約した業者にもよりますが、
ある特殊なケースではキャンセル料を無料にしてくれる業者もあります。

急な事故、病気、身内の不幸、激しい天候不良などで
引っ越しの予定日をずらさないといけなくなった場合は、業者と相談してみましょう。

キャンセル料にさらに料金が上乗せされる場合

引っ越しのキャンセル時、
業者との契約ですでに有料のオプションサービスを受け取っていた場合、
その料金が「キャンセル料金+α」として請求されることがあります。

例えば、多いのは荷造り用の梱包材を業者に用意してもらっていた場合ですね。
ダンボールにすでに荷造りをしてしまっていたなら買取り、
未使用でも返却料を負担しないといけない場合があります。

(※梱包材として緩衝材やガムテープを業者に頼んでいた場合、
その料金まで追加されることがあるので注意しましょう)

梱包材は引っ越しの準備に必要な物なので、
業者に用意してもらうなら当然ですが、
引っ越し当日までに受け取っていることが多いです。

なので、無料サービスでもない限り、すでに使用済みなら買取り、
未使用の場合は返却か買取りを選ばないといけません。

キャンセルは基本的に業者にとってもこちら側にとっても都合の悪い事態です。
それが急なキャンセルや予定変更ともなれば
両方痛い思いをすることになってしまうので、キャンセルする前にもう一度、
本当にキャンセルしないといけないのかどうか検討してみてください。

そして、もしそうなら可能な限り早く連絡をするようにしましょう。

無料で使える一括見積もりサイト

引越し達人

引越し達人の実績は15年以上と業界でも老舗にあたり、
安心して利用できる一括見積もりサイトです。

歴史がある分、引っ越し業者の選別もしっかりしているので、
トラブルを起こすような悪質な業者もいません。

6万円のキャッシュバックや色々なキャンペーンを常にやっているので
お得に引越しせること間違いなしです!

どの一括見積もりサービスを使うか迷っているなら、
「引越し達人」を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し

TVCMでも有名な不動産大手「HOME'S」の
引越し見積もりサイトがリニューアルされ
「LIFULL引越し」に名前が変わりました。

またLIFULL引越しオリジナルの特典などもあるので、
安くお得に引っ越ししたい人にも最適です。

なかなか良い業者が見つからないという人は試してみて下さい。

公式サイトはこちら

引越し侍

引越し侍もCMで話題の見積もりサイトです。
提携業者数が230社以上と、
かなりたくさんの引っ越し業者へ見積もりが出せます。

とにかく小さい業者でもいいからたくさんの業者の中から比較したい!
という方は引越し侍を利用してみましょう。

公式サイトはこちら