一番安い引っ越し業者が今すぐ見つかる! 無料の一括見積もりはこちら

引っ越し準備のチェックリスト

引っ越しで一番大変なのは、準備です。

準備にどれくらいの期間かかるのか?
いつから準備したらいいのか?
初めて引っ越しする人は分からない事が多いと思います。

業者の手続きはもちろん、荷物をまとめたり、
大量の書類手続きをしたりと大変なことが多いです。

このサイトでは、
引っ越しの準備で必要な「やること」をまとめてみたので、
参考にしてみてください。

業者の手続きを簡単にする無料で使える一括査定サイトはこちら

引っ越し前にしなくてはいけないこと

引っ越しには、2ヶ月くらい前から、引っ越し後の2週間くらいまで、
それぞれの時期によってやらなければいけないことが沢山あります。
どのような時期に、どのようなことをやらなければいけないのか、
順を追って整理してみましょう。

引っ越し準備チェックリスト

2ヶ月前から引っ越し後2週間以内にやることをまとめてみました。
作業漏れがないよう参考にして下さい。

2ヶ月前までにやっておくべき作業
引っ越し料金の見積もり 一括見積もりで安い業者を確保する
新・旧自宅前の道路事情 引っ越し業者に聞かれるので確認しておく
1ヶ月前までにやっておくべき作業
引っ越し業者を決める 3月や12月はもっと早めに手配しましょう
梱包資材の準備 引っ越し業者が用意してくれるケースもある
荷作り 不要品を上手に処分して荷物を減らす
住宅・駐車場の賃貸解約 1ヶ月を過ぎてからだと1ヶ月余計にかかるケースもある
子どもの転校届け 引っ越しが決まったら早めに学校に報告する
2週間前までにやっておくべき作業
荷作り まだの人はそろそろ始めましょう
インターネット回線変更手続き 引っ越し先で工事が必要なケースもあるので早めに手続きしましょう
新居のレイアウトを決める 引っ越し業者に渡せば効率よく引っ越しできる
引っ越し業者を決める まだの人は一括見積もりで業者を早く手配する
1週間前までにやっておくべき作業
荷作り 全くやっていない人は遅いので注意
固定電話・携帯電話の手続き 新居ですぐ使うには早めの手続きが必要
電気・ガス会社へ連絡 遅くても1週間前には連絡を
水道会社へ連絡 遅くても1週間前には連絡を
市区町村への転出届け 転出届けの有効期限は引っ越し日から14日
郵便局の転送手続き 手続きすれば1年間は無料で転居先に転送してくれる
ご挨拶で配る粗品の購入 新居はもちろん旧居の挨拶も忘れずに
前日までにやっておくべき作業
荷作り 漏れがないか最終チェック
冷蔵庫・洗濯機の水抜き 行わないと運べないので忘れずに
急な引っ越しでの業者手配 一括見積もりを使い明日引っ越しできる業者を手配する
当日やるべき作業
掃除・ごみ処理 収集サイクルに注意
業者への料金の支払い 引っ越し終了後に現金で渡すケースが多い
ご近所へのご挨拶 向こう三軒両隣が目安
引っ越し後2週間以内にやるべき作業
市区町村への転入届け 市区町村の役所で引っ越し後14日以内に行う
運転免許の住所変更 管轄する警察署、免許センターで行う
子どもの転入届け 転校する学校または教育委員会で行う
ペットの登録手続き 飼っているペットにより手続きが異なる

チェックリストを見て、漏れがないか確認してみてください。
事前にしっかりと確認しておくとスムーズに引っ越し準備が進められます。

2ヶ月〜1ヶ月半くらい前の作業

複数の引っ越し業者の見積もりをとる

引っ越しすることが決まったら、
まずは複数の業者から見積もりを出してもらいます。
複数社の見積もりを集めることで、大体の相場を把握することができます。
さらに、相見積もりをしているので、
引っ越し業者はなんとか自分の会社で契約をしてもらおうと必死になり、
料金を値引きしてもらいやすくなります。
相見積もりをとるときは、
業者を調べていちいち1社ずつ連絡すると手間がかかるので、
一括見積もりサイトを利用すると簡単です。

無料で使えるおすすめの一括査定サイトはこちら

新・旧自宅前の道路事情の確認

新・旧自宅前の、道幅・駐車スペース・交通規制の有無などは、
正式な見積もりを出してもらう時に必要になるので、事前に把握しておきましょう。
トラックを止められるだけの十分なスペースがなかったり、
トラックが自宅付近まで侵入できるだけの十分な道幅がなかったりすると、
追加料金が発生してしまいます。
特に新居は、営業マンが下見の際に目で確認できないので、
しっかりと把握して状況を伝えてください。

1ヶ月前までにやること

引っ越し業者を決定する

見積もりが出そろったら、下見を受けて、引っ越し業者を決定させます。
見積もりをもらって気になった数社に、
実際に下見に来てもらい、
荷物量の確認・こちら側の要望などを伝えて交渉をしましょう。
なるべくその場で即決せずに、全社の条件を聞いたうえで交渉すると、
より値引きしてくれる可能性が高まります。
もし業者が決まっていない人は、
一括見積もりサイトを使って業者を手配しましょう。

梱包資材の準備

梱包資材と聞いて、まずはじめに思いつくのはダンボールやガムテープですが、
このほかにも細々としたものが意外と必要になります。
全て購入すると費用がかさんでしまうので、
引っ越し業者のサービスをうまく利用しましょう。 

荷作りをはじめる

大型の家具を粗大ゴミとして処分したり、
リサイクルショップに引き取ってもらったりするには少し時間がかかるので、
1ヶ月くらい前から準備をはじめます。
また細々とした荷物も、
いる・いらないを整理しながら丁寧に梱包するのが理想ですが、
案外時間がかかるため、早い段階から着手しましょう。

借りている家・駐車場の解約

だいたいの場合は、
退去する1ヶ月前までに借主へ連絡をしなければなりません。
この連絡を怠ると、既に使っていない家・駐車場に対して、
賃料を払わなければならなくなるので、必ず連絡をしましょう。
ただし、各契約ごとに連絡期日は異なるため、
事前にしっかり契約書を確認をしてください。

子どもの転校届け

子どもがいる家庭は、子供の転校届けを忘れずに行いましょう。
市区町村・私公立などによって手続きが異なるため、早めに行動します。
まずは、担任の先生に引っ越しをする旨を伝えましょう。

2週間前までにすること

インターネット回線の手続き

越してきた当日から、快適にインターネットを楽しめたら便利ですよね?
新居にインターネットの回線が通っていない場合は、工事が必要です。
工事には時間がかかるので、
遅くとも2週間くらい前までには手続きを開始しましょう。

新居のレイアウト決め

荷物の搬出は業者まかせで問題ありませんが、
新居へ搬入した家具はどう配置しましょうか?
特に大きな家具は、自分で移動させにくいので、
新居のレイアウトは事前に決めておきましょう。
そうすれば、レイアウト通りの配置に業者さんが運んでくれます。

2週間前までに業者が決まっていない人

早急に業者の手配が必要です。
時期によっては引っ越し予定日に業者が手配出来ないケースも有り得ます。
今すぐ一括見積もりサイトを使って業者の手配を行い、
予定日に引っ越しが行えるようにしましょう。 

1週間前までにすること

固定電話の手続き

固定電話を持っている場合は、電話回線の引っ越し手続きをしましょう。
新居に電話回線が通っていない場合は、
移転+新居での開通工事が必要になるので、
引っ越しギリギリよりも少し早めに手続きをはじめます。

電気・ガス会社へ連絡

電気会社・ガス会社への連絡は1週間くらい前までに済ませます。
連絡先は、領収書や検針票で確認することができます。

水道会社へ連絡

旧居がある地区の水道局へ「使用中止」の連絡をしましょう。
新居で水を使うには、メーターボックスの中の水止栓を開けて、
水道使用申込書をポストに投函せればOKです。

市区町村への転出届け

今住んでいる市区町村とは別の地域へ引っ越しする場合は、
役所に「転出届け」を出しましょう。
印鑑と身分証明書をもって旧居のある市区町村の役所へ行くと、
転出証明書を発行してもらえます。

なお、転出証明書は発行した日からではなく、
引っ越し日から14日間まで有効期限があるので、
期限内に新居のある市区町村の役場へ提出します。
引っ越し後に転出届けの手続きをしようとすると、
わざわざ新居のある地域から戻ってこないといけないので、
引っ越しをする1週間くらい前までに済ませましょう。

郵便局の転送手続き

近所の郵便局へ出向いて「転居届」を提出しましょう。
これで、むこう1年間、無料で旧居に届けられた郵便物を転送してくれます。
1週間くらい前に手続きをすれば、郵便物が行き違いになりません。

挨拶で配る粗品の購入

ギフトの相場は、ご近所さんなら500円〜1,000円程度、
大家さんや特にお世話になった人なら2,000円〜3,000円程度です。
洗剤・タオル・石けん・地域指定のごみ袋・
BOXティッシュ・ラップフィルム・お菓子の詰め合わせなどが人気。
各家庭で趣味趣向が違うので、
なるべく「消えもの」といわれる消耗品を用意するとよいでしょう。

のし紙は旧居周辺に配るものは「粗品」、
新居周辺に配るものは「ご挨拶」とします。
引っ越し当日はバタバタしているので、
旧居でお世話になった方には前もってご挨拶しておくとスムーズです。

前日までにすること

冷蔵庫の水抜き

冷蔵庫は遅くても前日までに中を空の状態して、電源を切っておきましょう。
中の霜が溶けて冷蔵庫の下方にある蒸発皿へ水が貯まるので、
引っ越し当日の朝に水を処分します。

洗濯機の水抜き

洗濯機はぎりぎりまで使うので、前日に準備をします。
はじめに蛇口と洗濯機をつなぐ、給水ホースの水抜きを行います。
蛇口を閉めて、空の状態の洗濯機を1分くらい回せば完了です。
次に、脱水コースだけを選択して洗濯機を動かすと、
洗濯機の中と排水ホースの水抜きが完了します。

明日急に引っ越しする場合

事情があって急に引っ越しをしなければならないケースがあります。
もし明日急に引っ越しする場合は、とにかく時間がありません。
各引っ越し業者に電話していたら時間がかかってしまいます。
一括見積もりサイトなら翌日に引っ越しできる業者が、
簡単な入力をするだけで探せるので、今すぐ使って業者を手配しましょう。

当日にすること

掃除・ごみ処理

旧居の荷物を運び終わったら、念入りにお掃除をしましょう。
しっかり清掃しておけば、
原状回復の費用をおさえられる可能性が高くなります。

引っ越し業者に料金を支払う

料金を支払う時は見積もり金額と合っているか確認しましょう。
もし違っていた場合は何が原因なのか業者と一緒に確認して下さい。
一般的な支払い方法は引っ越し終了後に現金で手渡しになるので、
なるべくお釣りが無いように準備しておきましょう。
現金以外の場合は業者に支払いのタイミングを確認しておきましょう。

新居のご近所さんへのご挨拶

新居が1戸建ての場合のご挨拶は、
両隣とお向かいの3軒が基本的な範囲です。
新居がマンションやアパートの場合は、両隣と上下にご挨拶へ伺います。
訪問する時間帯は、相手の迷惑にならないよう、
お昼時を除いた明るい時間帯にしましょう。

引っ越し後2週間以内にすること

市区町村への転入届け

旧居の自治体で発行してもらった転出証明書と印鑑をもって、
新居のある市区町村の役場へ行き、転入届の手続きをしましょう。
転出証明書は引っ越した日から14日間しか有効期限がないので、
それまでに手続きを済ませます。

運転免許の住所変更

引っ越しをしたら運転免許の住所変更を行いましょう。
住所の変更をしなくても免許は有効ですが、
更新のお知らせが新居に届かず、
手続き自体を忘れてしまう可能性があります。
住所変更の手続きは、
新居の地区を管轄する警察署・運転免許センターで行えます。

子どもの転入届け

教育委員会から受け取った「転入学通知書」と、
前の学校から受け取った「在学証明書」・「教科書受給証明書」を
新しい学校へ提出すれば転入の手続きは完了です。

ペットの登録手続き

買っている動物によって手続きの内容が異なりますので、
どのような手続きが必要なのか必ず確認をしください。
ペットは大切な家族の一員ですから、責任をもって手続きを行いましょう。
なお、海外へ引っ越しする場合は、検疫検査があるため、
1週間くらいまえから行動します。

引っ越しの準備を楽にするコツは?

引っ越し慣れしている人はともかく、
慣れていない人には引っ越しの準備は本当に大変ですよね。
しかしちょっとしたコツで、うんと楽にすることができるんです。

業者探しは一括見積で安くなる

まずはじめに行き詰るのが、引っ越し業者探しです。

どこが一番安い?
こんなサービスを受けられる業者はどこ?

と言うように、自分の理想とする業者を探すために、
1社ずつ業者を調べていては日が暮れてしまいます。

そこで利用したいのが、見積もり比較サイトです。

必要な情報を1度記入するだけで、
日本全国から自分の条件にマッチした業者を一発で探せます。
また、業者側は相見積もりをしていることを知っているので、
できるだけ自社が契約を取れるように、
料金を安くしたり、資材をおまけしてくれたりします。

無料で使えるおすすめの一括査定サイトはこちら

面倒な手続きは業者に任せる

引っ越しをするときに面倒なのは、なんといっても「手続き」関係です。
あちらこちらへ出向いたり、書類を作成して提出したり、
連絡を入れたり…と、やることが盛りだくさんです。
最近では、ある程度の手続きなら代行してくれる業者も出てきたので、
うまく利用して効率よく引っ越しをしましょう。

荷物を少なくする

運び出す荷物が多いと、それだけ料金も高くなってしまいます。
そこで、引っ越し前には一度荷物の整理をしてみましょう。

大型の家具は買い替えを検討して、
リサイクルや粗大ごみに出してしまうのも手です。
細々とした荷物なら、
無料や低料金で引き取ってくれる引っ越し業者もあります。

引っ越し準備は本当に骨の折れる作業ですが、
ちょっとしたコツで楽にすることができます。
もし行き詰ったら、このサイトを参考にしてみてください。

まずは一番はじめの、引っ越し業者決めからスタートしましょう。
一括で複数の業者を比較できるサイトは、
簡単で楽なだけでなく、
料金を安くする効果も持っていますので、使わないと損ですよ。

退去時の掃除はどこまでやるの?

引っ越しで部屋を退去する際に問題となるのが敷金の問題で、
敷金を返還するにはどこまで清掃しておけばよいのか?
非常に気になるところです。

清掃しておかないと、敷金返還どころか
ハウスクリーニング代を追加請求されるケースもあるので注意しましょう。
退去前に掃除をやっておいた方がいい場所は、

  • キッチンや浴室の水アカ
  • 換気扇の油汚れ
  • 壁や床の穴

です。

水アカや油汚れを落とすには、クエン酸や重要がおすすめです。
壁や床の穴は、画鋲くらいの穴なら問題ありませんが、
釘くらいになると壁紙を張り替える必要が出てくるので注意しましょう。

床も凹みや穴ができている場合は料金がかかります。
ホームセンターで販売している穴や凹みを修復する商品を使って、
出来るだけ元通りにもどしておきましょう。

上記の3ヶ所をきれいにしておくのと、しておかないのでは、
敷金返還の査定時の部屋の印象が違います。
部屋の印象を良くして、敷金返還をスムーズに進められるようにしましょう。

自力で引っ越しする場合の準備

自力で引っ越しする場合の必要な準備としては、

  • 荷物を運ぶトラック(車)の手配
  • 荷物を運ぶ人員の手配
  • 手伝ってくれた人へのお礼

などが必要です。

荷物を運ぶトラックや車が無い場合はレンタカー屋で手配する必要があります。
車種、時間、レンタカー屋によって料金が異なりますが、
18,000円〜23,000円くらいが目安の料金になります。

引っ越しする日に雨が降る可能性もあるので、
ブルーシートも用意をしておきましょう。

荷物を運ぶ人員は最低でも3人以上は欲しい所です。
引っ越し業者でも最低2人なので、素人の場合3人以上いた方がいいですが、
必要以上に手配すると、お礼が大変になるので、
多ければ多いほど良いかと言われると悩むところですね。

手伝ってもらった人へのお礼は食事が多くて、
予算にもよりますがお寿司あたりが無難なようです。
部屋が片付いていれば出前をとったり、
出前が取れない場合は、近くの回転寿司屋に行くこともあるようです。

こうして見ると意外と自力での引っ越しには費用と労力がかかり、
引っ越し業者の料金とあまり差が無いケースもあります。

一括見積もりサイトで一番安い業者の料金と自力での引っ越し料金を比較すれば、
引っ越しを楽に安く行える可能性があるのでおすすめです。

無料で使える一括見積もりサイト

引越し達人

引越し達人の実績は15年以上と業界でも老舗にあたり、
安心して利用できる一括見積もりサイトです。

歴史がある分、引っ越し業者の選別もしっかりしているので、
トラブルを起こすような悪質な業者もいません。

6万円のキャッシュバックや色々なキャンペーンを常にやっているので
お得に引越しせること間違いなしです!

どの一括見積もりサービスを使うか迷っているなら、
「引越し達人」を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し

TVCMでも有名な不動産大手「HOME'S」の
引越し見積もりサイトがリニューアルされ
「LIFULL引越し」に名前が変わりました。

またLIFULL引越しオリジナルの特典などもあるので、
安くお得に引っ越ししたい人にも最適です。

なかなか良い業者が見つからないという人は試してみて下さい。

公式サイトはこちら

引越し侍

引越し侍もCMで話題の見積もりサイトです。
提携業者数が230社以上と、
かなりたくさんの引っ越し業者へ見積もりが出せます。

とにかく小さい業者でもいいからたくさんの業者の中から比較したい!
という方は引越し侍を利用してみましょう。

公式サイトはこちら