準備や予約はいつからやるべき?

いざ、引っ越しの必要に迫られたとき、
準備はいつからはじめればいいんだろう?と疑問に思いますよね。

引っ越しの準備は、
2ヶ月前から遅くとも1ヶ月半前にははじめます。

特に3月の繁忙期に引っ越しを予定している人は、
1月から引っ越し業者の手配を始めましょう。
仮に新居が決まってなくても予約する事はできます。

3月は引っ越し業者の手配が難しくて、
引っ越しを延期するなど予定が大きく狂ってしまうことも有り得ます。

もし3月に引っ越しを予定している人で、業者の手配をしていない人は、
今すぐ一括見積もりサイトを使って業者の手配を行いましょう。

無料で使えるおすすめの一括査定サイトはこちら

はじめにやること

引っ越しが決まったら、まずはじめにやらなくてはいけないことは、

  • 退去連絡
  • 引っ越し業者決め

の2つですが、
それぞれ引っ越しの1ヶ月前からはじめたのでは遅いのです。

退去連絡

1つ目の退去連絡ですが、賃貸で家や駐車場を借りている場合、
たいてい退去する1ヶ月前までに借主に連絡をしなければいけません。
のんびりしていて、期限内に連絡することができなかった場合は、
新・旧両方の賃料を支払うはめになってしまうので注意しましょう。

なお、退去連絡の期限や方法は、
各契約によって異なるので、前もって契約書を確認しておくと安心です。
契約書をなくしてしまっていたり、手元になかったりする場合は、
大家さんや不動産仲介業者へ連絡を取れば内容を教えてもらえます。

解約手続きについては、
別ページの「部屋の解約手続きは早めにやっておこう」で詳しい説明をしていますので、
こちらも参考にしてみてください。

引っ越し業者決め

2つ目の引っ越し業者決めですが、
引っ越しする1ヶ月半くらい前から、お願いする業者を選びはじめます。
もっとギリギリでも大丈夫では?と思うかもしれませんが、
それではお得に引っ越しすることができないかもしれません。

引っ越し業者の料金を安く抑えるための重要なポイントは、
即決しないことと、数社を比較することですが、
これをするにはある程度の時間が必要です。

まずはインターネットの一括見積もりサイトを使って、
自分の条件に合った業者を探してみましょう。
一括見積もりサイトなら、
一気に複数の引っ越し業者から見積もりを取ることができます。

見積もりをくれた業者の中から、
自分の理想に近い業者をいくつかピックアップして、
実際に下見に来てもらい正式な見積もりを算出させます。
正式な見積もりが出ても即決はせず、
値引き交渉をしたうえで、やっと引っ越し業者を決定させます。

下見や値引き交渉にはそれなりの時間がかかります。
引っ越しギリギリになってからでは、
下見のスケジュール調整が大変になるし、
値引き交渉の時間をたっぷりとることができません。

詳しい値引き交渉の方法は、
別ページの「引っ越し料金の値下げ交渉をするときのコツは?」で解説していますので、
そちらも参考にしてみてください。

めんどうだし、はじめから1社に的を絞ってしまえばいいと思うかもしれません。

しかし、複数の業者を「比較するか・しないか」たったこれだけの差で、
料金が倍くらい違ってしまうケースもあるんです。

どんなに急な引越しでも、
一括見積もりで比較をしたほうが必ず有利になるので、忘れずにやりましょう。

無料で使えるおすすめの一括査定サイトはこちら

時間のかかる手続きからはじめる

ここまで、引っ越しが決まってから、
まずはじめにやらなければいけないことを紹介してきましたが、
時間のかかる手続きは何でも早めに取りかかるべきです。

例えば、インターネット回線の工事には2〜3週間くらいかかってしまう場合があります。
引っ越し関連のいろいろな手続きはネットで簡単にできたり、
ちょっとした調べ物をするのにネットが必要になったりするので、
新居に回線工事が必要な場合は、
1ヶ月前くらいから予約をして工事のスケジュールを調整しましょう。

他にも、学校に通っている子どもがいる場合は、
転校の手続きをしなければいけません。
市区町村・私公立によって手続きが異なるほか、
子ども同士のお別れ準備もあるはずなので、
遅くても1ヶ月前からは進めましょう。

ハイシーズンは更に早めに

3月〜4月・12月などのハイシーズンに引っ越しをしなければいけなくなった場合は、
更に早くから動かなくてはいけません。
何をはじめるかと言うと、引っ越し業者決めをするのです。

この時期は引っ越し業者の繁忙期にあたるので、
どこの業者もとにかく人手・機材共に足りない状態です。
スケジュールはほとんど埋まっているので、
この時期に自分が希望する日時で引っ越しをしたいなら、
とにかく早く予約を取らなければなりません。

ですが、みんな考えることは同じなので、
1ヶ月半前から動いたのでは出遅れてしまいます。

また、遠方に引っ越す場合は、
長距離トラックや飛行機の手配が必要です。
工程が増えればそれだけ時間もかかるということなので、
引っ越しの日程と、だいたいの引っ越し地域が決まっているのであれば、
仮に新居がまだ確定していなくても、先に業者へ連絡をとるのもアリです。

ハイシーズンは、どこの引っ越し業者も料金が高くなってしまう時期です。

普段の時期よりは値引き交渉がしづらくなりますが、
相見積もりは必ず行いましょう。

1社に的を絞って見積もりをもらうよりは、はるかに値引き効果があります。
一括見積もりサイトを利用すれば、
無料で一気に複数の業者から見積もりをとれるので、ぜひ利用してみてください。

無料で使える一括見積もりサイト

引越し達人

引越し達人の実績は15年以上と業界でも老舗にあたり、
安心して利用できる一括見積もりサイトです。

歴史がある分、引っ越し業者の選別もしっかりしているので、
トラブルを起こすような悪質な業者もいません。

6万円のキャッシュバックや色々なキャンペーンを常にやっているので
お得に引越しせること間違いなしです!

どの一括見積もりサービスを使うか迷っているなら、
「引越し達人」を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し

TVCMでも有名な不動産大手「HOME'S」の
引越し見積もりサイトがリニューアルされ
「LIFULL引越し」に名前が変わりました。

またLIFULL引越しオリジナルの特典などもあるので、
安くお得に引っ越ししたい人にも最適です。

なかなか良い業者が見つからないという人は試してみて下さい。

公式サイトはこちら

引越し侍

引越し侍もCMで話題の見積もりサイトです。
提携業者数が230社以上と、
かなりたくさんの引っ越し業者へ見積もりが出せます。

とにかく小さい業者でもいいからたくさんの業者の中から比較したい!
という方は引越し侍を利用してみましょう。

公式サイトはこちら