引っ越し単身パックの相場料金は?

一人暮らしの人が引っ越しするときにかかる料金の相場は、
おおよそ3万円〜5万円程度と言われています。

しかし、時期や距離によっては2万円程度で収まる場合もあるほど、
その時々の様々な条件によって料金は大きく変化します。

そこで今回は、単身パックを利用して引っ越した場合の
料金相場について調査してみました。

単身パックの近距離、遠距離の料金相場

引っ越しの料金が上下するのは、
荷物の量と距離はもちろんですが、
引っ越す「時期」によってもかなり金額が変わります。

まずは、荷物量は平均的な量を想定して、
引っ越す場合の料金相場を表にしたので見てみましょう。

通常期 繁忙期
同一市区町村内(15km以内) 23,000円 28,000円
近距離(50km以内) 25,000円 30,000円
中距離(100km以内) 27,000円 32,000円
長距離(200km未満) 30,000円 35,000円
長距離(200km以上) 35,000円 40,000円

同一市内など近距離で単身パックを使った引っ越しは、
安いところだと13,000円くらいでやってくれる業者もあります。

東京から埼玉、東京から神奈川など、
200kmが一つの目安になるケースが多いですが、
その場合は、おおよそ3万円前後。
200kmを超える遠距離の場合は、35,000円くらいになります。

しかし、これはあくまで「相場」です。
住宅周辺の作業環境や、作業内容、業者によって、
相場より安くなる場合があります。

荷物が少なめで、同じ方面で引っ越す人がいたりすると、
同じトラックに荷物を積むことができるため、
かなり安く値引きしてくれる業者もいます。

どの業者が安い見積もりを出してくれるのかは、
見積もりを依頼してみないとわからないので、
そんなときこそ一括見積もりを利用してみましょう。

利用する時のポイントは、提携業者が多い一括見積もりサイトを使うこと。
地域密着型の業者が登録されているサイトを利用しましょう。

おすすめの引っ越し見積もりサイトはこちら

単身パックの比較

一人暮らしの引っ越しプランといえば、「単身パック」です。
単身パックは、料金が格安で、運べる荷物の量が決まっているのが特徴です。

しかし、各業者によってパックの内容が異なるので、よく確認せずにいると、
当日に追加料金がかかる場合もあるので注意が必要です。

簡単にですが、大手引越し業者の具体的なパック内容をみてみましょう。

単身パック比較表

有名な引っ越し業者が用意している、単身パックの内容を比較してみました。

アリさんマークの単身パック

料金:記載なし

荷物量:段ボール20個まで・テレビ・冷蔵庫・電子レンジ・自転車など。 約たたみ3畳の広さに入る量。

クロネコヤマトの単身パック

料金:13,000円〜

荷物量:段ボール約15箱(350o×430o×310o)、衣装ケース3個(380o×740o×220o)、布団袋1袋。

日通の単身パック

料金:15,000円〜

荷物量:冷蔵庫(2ドア・109リットル)、薄型テレビ(20インチ)、テレビ台(小)、電子レンジ、掃除機、カラーボックス(3段)、布団、日通ダンボールMサイズ(517mm×343mm×343mm)4個。

各社とも、かなり料金が安いようですね。
ただしこれらは、おおよその概要ではあるものの、
パックの種類や荷物の量・時期・移動距離などによって価格が変動するため、
あくまでも目安としてとらえましょう。

公式サイトで目にした金額ピッタリが、パックの値段だと勝手に思い込んでいると、
あとで思わぬトラブルになってしまいます。

単身パックが一番安いとは限らない

単身パックの料金がかなり安いことは確認できたから、
さっそく1社に的を絞って申し込んでしまおうと思っている人はませんか?

ちょっと待ってください。

はじめから単身パックが一番安いと決めつけて、
他社との比較をしないと、損をするかもしれません。

必ず複数の業者から見積もりを取って、料金を比較してみてください。
条件次第では、パックよりも安い料金の業者が出てくる可能性もあります。

また、多くの単身パックプランは、
訪問での見積もりを実施していないので注意しましょう。
万が一、引っ越し当日に荷物が多くて積み切れないとなった場合は、
別途で追加料金を請求されます。

「安く済むと思ったのに、かえって料金がかさんでしまった。」
なんてことは避けたいですよね。
そんな状況を回避するためにも、はじめから単身パックに的を絞らず、
いくつかの業者から見積もりを取ったうえで、
条件に合った業者を探すことをおすすめします。

自力引っ越しの方が安い?

荷物の量が少ないからといって、自力で引っ越しをしようとする人もいますが、
自力で引っ越すにもけっこうお金がかかります。

レンタカー代・梱包資材代・手伝ってくれる人への謝礼など、
すべて試算してみると、業者を使うよりも高くついてしまう場合もあります。

それに業者に依頼した場合は、
怪我や荷物の破損などのリスクもありません。

単身での引っ越しも、総合的に考えたら、
やはりプロの引っ越し業者に頼むのがベストでしょう。

料金を半額以下にするコツ

引っ越し料金をなるべく安く抑えたいなら、
複数の業者から見積もりを取ることは必須です。

他社と比較しないと確実に損をするといっても過言ではないくらい、
マストな引っ越し料金節約法です。

複数の業者で見積もりを取ることで、相場を把握することができ、
気になった業者へ「A社は○万円でやってくれるみたいなんですけど…」
といった具合に価格の交渉がしやすくなります。
また、引っ越し日が決まったら、なるべく早めに業者比較をはじめると、
交渉の時間をたっぷり確保できるので、料金が安くなる確率が高くなります。

複数の会社に見積もりを出してもらって比較することを「相見積もり」と言いますが、
1社ごとに条件を伝えて見積もりを出してもらうのは、
時間がかかってめんどうですよね。

相見積もりをするなら、一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。
1度要件を入力すれば、条件にマッチした複数の業者から一発で見積もりをもらうことができます。

一人暮らしの引っ越しは、何かとお金や時間がかかるので、
無料で使える一括見積サイトを利用して、効率よくすすめましょう。

無料で使える一括見積もりサイト

引越し達人

引越し達人の実績は15年以上と業界でも老舗にあたり、
安心して利用できる一括見積もりサイトです。

歴史がある分、引っ越し業者の選別もしっかりしているので、
トラブルを起こすような悪質な業者もいません。

6万円のキャッシュバックや色々なキャンペーンを常にやっているので
お得に引越しせること間違いなしです!

どの一括見積もりサービスを使うか迷っているなら、
「引越し達人」を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し

TVCMでも有名な不動産大手「HOME'S」の
引越し見積もりサイトがリニューアルされ
「LIFULL引越し」に名前が変わりました。

またLIFULL引越しオリジナルの特典などもあるので、
安くお得に引っ越ししたい人にも最適です。

なかなか良い業者が見つからないという人は試してみて下さい。

公式サイトはこちら

引越し侍

引越し侍もCMで話題の見積もりサイトです。
提携業者数が230社以上と、
かなりたくさんの引っ越し業者へ見積もりが出せます。

とにかく小さい業者でもいいからたくさんの業者の中から比較したい!
という方は引越し侍を利用してみましょう。

公式サイトはこちら