引っ越しそばって今でも食べるの?

『引っ越しそば』って食べますか?

『引っ越しそば』は名前こそ有名ですが、
最近では実際に見ることは少なくなりましたね。

その由来はそばの名称や形状から来ていて

  • そば(側)に引っ越してきました
  • 細く長くお世話になります

といった洒落を込めた引っ越しのご挨拶だったそうで、
はじまりは江戸時代まで遡る伝統的な風習なんです。

引っ越しをした時には「向こう三件両隣」に引っ越しそばを振舞って、
これからどうぞよろしくお願いしますと昔からしてきました。

現在では少し意味が変わって、
引っ越し当日に新生活の始まりを祝って
自分でそばを食べるという風な変化もあるようです。

筆者は引っ越しそばを配った経験はありませんが、
引っ越してきたお隣さんからご挨拶にとそばの乾麺を貰ったことがあります。
いざもらうと嬉しいものでした。

(※注 向こう三件両隣 = 向かい側の三軒(正面、右斜め前、左斜め前)
と両隣の二軒を合わせた計五軒を刺す言葉)

引っ越しの挨拶は今やそばからタオルへ?

引っ越しの挨拶に「そば」が選ばれていた理由は、前述した通り洒落や縁起物、
ゲン担ぎが主な理由(諸説ありますが)だったようです。

その他にも、気軽に出前が取れたそばは引っ越しが終わってから
自分達が食べるのにも丁度よかったのかもしれませんね。

ですが、時代の変化と共に引っ越しそばの風習も忘れかけられています。

実際、引っ越しのご挨拶としてお隣に持参するものなら、
タオルや洗剤の方が今は喜ばれるかもしれません。

そばは言うまでも無く食べ物です。
調理が必要になりますし、単純に好き嫌いや、アレルギーの問題も今は多いです。
色々な事情で持て余してしまう人もいるでしょう。

その点、すぐに食べれられるお菓子や生活必需品のタオルなどは、
貰ってもそんなに邪魔にはなりません。

今の生活にマッチする贈り物はそばよりタオルなのかもしれないです。

引っ越しそばの風習自体はもはや日本の文化ですし、
残していくべきだとは思います。

ですが、これから長く付き合っていくお隣さんだからこそ、
相手の負担にならない喜ばれるものを贈りたいですよね。