引っ越し日に雨が降ったらどうなる?

雨の引っ越しというのは業者にとって嫌なものです。
床は滑りやすくなるし荷物は濡れてしまうので人的ミスが起きやすくなります。
もちろん依頼する側もせっかくの引っ越しが天候に恵まれないのは,
良い気分ではないでしょうね。

雨で道路が渋滞すると作業が遅延する原因にもなりますし、
雨は引っ越し当日のコンディションとしてはかなり悪い部類のものです。

とはいえ、引っ越し業者は雨ぐらいでは予定を変えたりしません。

人的ミスが発生しやすくなるのなら、
さらに注意深い心構えで引っ越しの作業に取り組むのが
日本のスタンダードな引っ越し業者なのです。
依頼者側としては雨の日の引っ越しは気が乗らないかもしれませんけどね……。

雨を理由にキャンセルできるのか

雨が降っていたから――という理由で
作業を延期する業者はおそらくこの日本にはいないでしょう。

もちろん依頼者側からのキャンセルなら受け付けますが
(キャンセル料が発生しますよ!)
業者側からのキャンセル依頼はできないことになっています。

例外的に業者側からキャンセルできるのは
『地震、津波、洪水、暴風地すべり、山崩れ、その他の天災』
に該当する事態が起こっている場合です。

これは『標準引越運送約款』で定められていることなので、
多少の天候の変化ぐらいでは引っ越しの作業は予定通りに進められます。

つまり、雨天時に引っ越しを取り止めるのは依頼者側の一存となるわけです。
体や荷物が濡れるのが嫌だったり、
雨の日に引っ越しをしたくないのなら業者に連絡して日付を変更してもらいましょう。

ですが、当日や1日前のキャンセルにはキャンセル料が発生するのを忘れてはいけません。
とはいえ、天気予報で予定日の降水確率ぐらいなら調べられるかもしれませんが、
実際に降るかどうかは当日にならないと分かりません。

そうなると選択肢は【雨天の引っ越しでも我慢する】か
【キャンセル料覚悟で日付変更、または中止にする】の二択です。

どっちを選んでも苦渋の決断となってしまいますが、
よく考えて業者が家に来る前にきちんと対応しておきましょう。

もしくは、天気予報で「引っ越し当日の降水確率が高い」
と分かった時点でキャンセルの電話を入れるという手もあります。
キャンセル料は2日前までに連絡をすれば基本的に無料なので、
どうしても雨の日に引っ越しをしたくない人はチェックしておきましょう。

ただし、多少の雨ならともかく降っている雨があまりにも土砂降りだった場合は、
キャンセルについて一度業者側と相談してみるといいでしょう。

ダメ元ではありますが、雨の降り方によってはキャンセル料無しで日付変更をできるかもしれません。

自力引っ越しで雨が降った場合

自力での引っ越しを予定していた日に雨が降った場合は、
自分達でブルーシートを用意して雨対策を行い、
荷物の搬出・搬入を行う必要があります。

素人で引っ越しに慣れていないため、雨で荷物が濡れてしまう事も多く、
仮に荷物が濡れてしまった場合でも、手伝ってくれた人を責めるのは難しいです。

自力での引っ越しで雨が降ったら、思い切って引っ越しの日程を変更して、
雨でのトラブルを回避するのがおすすめです。

ただし日程的に変更が難しい人は、最初からプロの引っ越し業者に任せましょう。
しっかり雨対策を行ってくれるのでトラブルも少なく安心です。

引っ越し業者に任せたいけど料金が気になる人は、
無料で使える一括見積もりサイトを使って、
自力での引っ越し料金と比較してみましょう。
案外安い引っ越し業者が見つかるかも知れません。

無料で使えるおすすめの一括査定サイトはこちら

雨天での作業は業者に任せよう

引っ越し業者も雨天での作業を嫌がりはしますが、
そこはプロなのでそんな内心は決して表には出しません。
雨対策もしっかりとしているので、多少の雨ならば問題なく作業をすることができます。

雨天での引っ越しで一番心配なのが荷物が濡れることでしょうが、
業者側もきちんと濡れないように配慮して梱包するので、
むしろ雨天時の作業は全て業者に任せてしまった方が安全な場合もあります。

(※荷造りなどのサービスが引っ越しプランに含まれていない場合、
雨対策の梱包を業者に頼むと追加料金が発生してしまいます)

こちらで荷造りをする場合、特に大事な荷物はビニール袋などで包んで防水対策をしておく必要があります。

家電やパソコンなどの電化製品は濡れてショートしてしまうと一発で故障するので、
やはり雨の日の防水対策は細心の注意をしておくべきです。

特に、玄関からトラックまでの距離が離れている場合は、
その分だけ荷物は雨風に当たってしまいます。
ダンボールが防げる水分の量など知れているので、
状況に合わせて対応するようにしましょう。

また、ダンボールは水に濡れると強度も落ちるので、
重たい荷物の入った箱にはしっかりと防水対策が必要です。

新居についてからの作業

雨天時の引っ越しは荷物の積み込みと荷降ろしの時に一番雨に濡れてしまいます。
なので、新居に着いたらすぐにダンボールから荷物を取り出し、
中に濡れている物がないか確認をしましょう。

ダンボールに入れたまま放置しておくと、
湿ったダンボールの中に湿気が充満してカビが生える可能性があります。
また、湿気が直接荷物を傷めることもあるので、
一見濡れていないようでもまずは全ての荷物をダンボール箱から出してしまいましょう。

確認するポイントは、まず濡れると色落ちするものや、
カビが生える可能性のある荷物です。
これらは優先的にチェックしていきましょう。

また、ダンボールの中以外でも、
カーペットや畳などは濡れていると色落ちやシミ、カビなどの原因になります。
一度広げてチェックしておくといいですね。

最後は新居の壁や床のチェックです。
引っ越しの作業中についた汚れや傷が無いかどうかしっかりと確認しておきましょう。

というのも、雨天時の作業は地面が滑りやすくなっている上に荷物も濡れているので
人的ミスが非常に起きやすくなっているのです。

泥はねや雨水のはねた汚れなどは
早めにふき取らないと跡が残ってしまうので注意しましょう。

雨の日に引っ越しは、業者側も依頼者側も嫌なものです。
だからこそ、いざ当日に雨が降ってしまったら
両者とも晴天時よりさらに気を引き締めて引っ越しの作業をしなくてはいけません。

また、高額な家電製品が多かったり湿気に弱い高級家具などを持っている人は、
雨の日の引っ越しのリスクが跳ね上がってしまいます。
キャンセル料と万が一の時の被害のリスクを比較して、
どっちが得になるのかしっかりと計算しておきましょう。

無料で使える一括見積もりサイト

引越し達人

引越し達人の実績は15年以上と業界でも老舗にあたり、
安心して利用できる一括見積もりサイトです。

歴史がある分、引っ越し業者の選別もしっかりしているので、
トラブルを起こすような悪質な業者もいません。

6万円のキャッシュバックや色々なキャンペーンを常にやっているので
お得に引越しせること間違いなしです!

どの一括見積もりサービスを使うか迷っているなら、
「引越し達人」を使えばまず間違いないでしょう。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し

TVCMでも有名な不動産大手「HOME'S」の
引越し見積もりサイトがリニューアルされ
「LIFULL引越し」に名前が変わりました。

またLIFULL引越しオリジナルの特典などもあるので、
安くお得に引っ越ししたい人にも最適です。

なかなか良い業者が見つからないという人は試してみて下さい。

公式サイトはこちら

引越し侍

引越し侍もCMで話題の見積もりサイトです。
提携業者数が230社以上と、
かなりたくさんの引っ越し業者へ見積もりが出せます。

とにかく小さい業者でもいいからたくさんの業者の中から比較したい!
という方は引越し侍を利用してみましょう。

公式サイトはこちら